自動販売機設置条件比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

賞味期限・消費期限の管理について

最新情報・レポート

賞味期限・消費期限の管理について

自動販売機の中に入っている缶飲料は、言うまでもなく私達の体の中に入るものですから、万が一にも腐っていたりしたら大変なことです。食品には通常「賞味期限」と「消費期限」の2つが設定されていますが、この2つの違いはご存知でしょうか? 結論から言うと、通常の自販機で販売されている缶飲料には「賞味期限」しか設定されていませんが、2つの違いについても見ておきましょう。 「賞味期限」は、その食品が「美味しく飲食できる」期間を指していて、つまり未開封状態なら、賞味期限が切れたらすぐ食べられなくなるわけではなく、若干の風味の低下などはあるものの飲食できなくなるわけではありません。 代表的なものはスナック菓子や清涼飲料水など、痛みにくいものです。 一方「消費期限」は、開封されていない状態で「きちんと決められた方法で保存」をした場合に「安全に飲食できる」期間を指しています。 生鮮食品やフレッシュジュース、生洋菓子など、すぐに痛み始めるものには消費期限が設定されています。 この違いを理解した上で自販機を見てみると、冷暗所への保管はもちろん、温度管理も出来ているので消費期限切れでも問題ないかもしれませんが、購入したお客様から見れば、賞味期限切れの飲料が出てきたと慣れば大騒ぎになる場合もあります。 フルオペレーションの自販機だと、そのあたりも自販機設置業者に管理を依頼できる場合もあるので、契約時に確認してみると良いでしょう。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

複数の登録会社が無料で条件提示 まずは最短60秒の簡単入力

  • 基本情報を入力し一括で相談依頼
  • 複数の登録会社が条件提示
  • 届いた提案を比較・検討
一括相談スタート

CM放送中

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします 0800-805-7694 24時間365日受付中、日本全国対応

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

ご相談窓口

無料 複数の会社がご提案 一括相談スタート
  • 弊社はGSL を通じて自然エネルギー普及に貢献しています。
初めての方へ
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ